自分にあった仕事を客観的に判断するには

ピッタリの仕事を探して働こう

仕事の正しい見つけ方を知る

このコラムをシェアする

どんな仕事をするのか

飲食店やアパレルのお店は、お客さんとコミュニケーションを取る機会が多いので接客業に含まれます。
人と関わることが好きな人は、楽しく働けるのでおすすめです。
自分を客観的に見て、人と話していると楽しい気分になるなら挑戦してください。
接客業をしていると、お客さんから様々な質問を受けます。
すぐ答えられないと、お客さんに不信感を与えてしまいます。

接客業をする際は、お店の商品やサービスに関して勉強しておきましょう。
すると質問されても、すぐ答えることができます。
また、お客さんに分かりやすく伝えなければいけません。
簡単な言葉で説明できる人に、接客業がふさわしいと言えます。
専門用語などは使わないで、説明しましょう。

営業の仕事をしてみよう

お客さんに、商品の良いところを紹介して売る仕事が営業になります。
また他の会社に行って、取引をしてもらう約束をするのも仕事に含まれます。
こちらも、人と関わるスキルを持っていないとスムーズに仕事を進めることができません。
人と会話をするのが好きな人は、営業の仕事をしましょう。
会話が苦手な人は、営業の仕事ができません。

自分の性格を考えて、ふさわしい仕事を見つけてください。
営業をする時は、セールス能力も問われます。
最初は上手くできないかもしれませんが、先輩にアドバイスを聞くと上手くできるようになります。
わからないことを、質問する意識を持って働きましょう。
積極的に、いろんな人と関われば上手く仕事ができます。