自分にあった仕事を客観的に判断するには

ピッタリの仕事を探して働こう

人と関わるのが苦手な人向け

このコラムをシェアする

工場で働く仕事ならできる

部品や商品を製造する仕事は、言われた作業を黙々と進めていくだけです。
必要以上のコミュニケーションを取らなくて良いので、人と関わることが苦手な人に向いています。
人見知りは、改善した方が良いと言われます。
ですが改善されていないのに、いきなり接客業などを始めると、お客さんに迷惑を掛ける恐れがあります。
損な人材はいらないので仕事をすぐクビになって、自信を失う結果になります。

まずは製造業など、人と関わる機会が少ない仕事に挑戦しましょう。
そこで最低限のコミュニケーションを学べば、少しは人と関われるようになります。
集中力がある人も、製造業が向いています。
集中して仕事をしないと、ノルマを終了させることができません。

パソコンを使った仕事をしよう

IT関連の会社では、パソコンを扱える人材を募集しています。
パソコンが得意なら、IT関連の会社に就職しましょう。
基本的なことがわかっていないと、仕事を任せられても進めることができません。
1つの仕事を終わらせるまで時間が掛かるので、会社全体の作業効率が低下します。
まずは、パソコンの使い方から勉強しなければいけません。

しかし仕事と勉強を、両立させるのは難しいです。
事前に、自分からパソコンの使い方を学んで、得意になってください。
パソコンが得意だとアピールすれば、すぐ採用してくれます。
自分の得意分野を、仕事に活かしてください。
客観的に自分を見れば、仕事で活かせるスキルが判明します。
仕事を見つける時の参考にしてください。